医療訴訟を防ぐために

医療機関はどんどん増えており、さらに医療の技術などに関してもどんどん発達しています。
その中で患者側が抱える不安なども大きくなっているため、不安を残したまま手術などに踏み切ってしまうと、その後医療訴訟に発展してしまう可能性もあります。
医療機関側としてできる限り訴訟を防ぐために何をすれば良いのかを徹底的に考える必要がありません。

まず患者に対しての説明はしっかりと行い患者の疑問や不安に関しても必ず答えるようにすることが重要になってくるでしょう。
医師は専門的に知識を持っていますので簡単な説明で終わらせてしまう事も多いのですが、患者は専門知識を持っていませんので当然ながらわからないことが出てきてしまいます。
その中で十分な質問もせず、手術や治療を行ってしまうと勘違いや説明不足によって訴訟を起こされてしまうことがあるので注意しましょう。

個人病院の場合には難しいかもしれませんが、ある程度規模の大きな病院であればチーム医療を導入することも重要なポイントになります。
また実際に訴訟を起こされてしまった時にはどのように対応すれば良いのかについても誠意をもった対応を心がけなくてはなりません。
情報の提出などを求められているにもかかわらず、細かな部分までを提出しなかったりカルテを改ざんしてしまうようなことは絶対に避けなくてはなりません。
万が一にでも訴訟が起きた場合、医療機関側としてのメンツを守るために自分たちの勝手都合で裁判に挑むようなことがあってはなりません。
仮にミスがあったのであればしっかりとミスを認めた上で患者側に対し謝罪して賠償しましょう。


【管理人推奨サイト】
B型肝炎の給付金を請求する際に成功報酬制で相談に乗ってくれる弁護士事務所です > B型肝炎の給付金